トップ > 乳酸菌を増やす方法

乳酸菌を効率よく摂取する

生活習慣

乳酸菌の数は、加齢や日々の生活習慣の影響を受けて変動します。つまり、良くない食生活や運動習慣によって、その数を減らしてしまうことがあります。

ここでは乳酸菌を増やす方法を説明します。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

昔から知られているように、ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。そして、その加工の仕方によっては乳酸菌を生きたまま摂取することが可能です。

そのような生きた乳酸菌のことを「プロバイオティクス」といいます。生きた乳酸菌を含む食品をとることで、腸内細菌を増やすことができます。

※ プロバイオティクスには細かい定義がありますが、ここでは割愛します。

生きた菌をとらずとも、乳酸菌を増やすことは可能です。それは、腸内細菌を増やす働きをする「プレバイオティクス」をとるという方法です。

プレバイオティクスとしては、乳酸菌の仲間であるビフィズス菌(ビフィドバクテリウム属に属する菌)のエサになるオリゴ糖のほか、食物繊維がよく知られています。

プロバイオティクスで直接乳酸菌をとり、プレバイオティクスでその繁殖を促すというのが理想だと思います。

参考 : プロバイオティクス | 健康用語の基礎知識 | ヤクルト中央研究所プレバイオティクス

食べ物から乳酸菌を摂取する

ご存じのとおり、ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれています。最近は腸内フローラへの注目度のアップとともに、各社製品に乳酸菌の種類や数も表記されることが多くなってきました。

たとえば「生きた乳酸菌」「プロバイオティクス」などと書かれた商品を目にすることがあります。

ただ漫然とヨーグルトを選ぶより、そういった文言がパッケージに書かれている商品や、あるいは特定保健用食品などを選ぶとより乳酸菌を増やす助けになるかもしれません。

また、このサイトで紹介している植物性乳酸菌も、食品から摂取することができます。

昔から日本の家庭の食卓にある「味噌汁」「漬物」などには、非常に多くの植物性乳酸菌が含まれています。トップページでイチオシとして紹介しているサントリーウエルネスの「ラクテクト」にも、しば漬けから見つかった植物性乳酸菌が含まれています。

これらの食べ物のほか、先ほど紹介したように、腸内にすでに棲息しているビフィズス菌の繁殖を促進するオリゴ糖を摂ることもオススメです。

オリゴ糖は天然の食品にはごくごく微量しか含まれていないので、普段の食事で摂取することはむずかしいですが、こちらもサプリメントなど商品化されてますので、ぜひスーパーやインターネットで探してください。

ちなみに、わたしのオススメは「カイテキオリゴ」です。ぜひ参考にしてください。

このページのトップへ

トップページ