トップ > ヨーグルトで乳酸菌を増やす

乳酸菌を増やすヨーグルトの選び方

ヨーグルト

このサイトでは植物性乳酸菌をオススメしています。特に細胞壁が厚く優れた力を発揮する「プロテクト乳酸菌」を含むサプリメントが良いと考えています。

しかし、できれば普段の食事で摂取したい、また味噌汁や漬物はあまり得意ではない、という方もいるかもしれません。そこで、乳酸菌を増やすにあたってオススメのヨーグルトも紹介したいと思います。

特定保健用食品がオススメ

ヨーグルトには非常に多くの種類があり、お店に陳列されている商品を見ると選ぶのが大変な気持ちになることもあるかもしれません。しかし、ある視点で見るととても簡単に選ぶことができます。

そのヨーグルト選びの重要なポイントとは「特定保健用食品」かどうか、ということです。

特定保健用食品は、いわゆる「トクホ」と呼ばれるものです。トクホは消費者庁長官が効能を表示することを認可した商品であり、科学的な効果について国のお墨付きをもらっているものです。

たとえばビヒダス プレーンヨーグルトには以下の効能が表示されています。

このヨ−グルトは生きたビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ロンガム BB536)を含んでいますので、腸内のビフィズス菌が増え、腸内環境を良好にし、おなかの調子を整えます。

生きたビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ロンガム BB536)を直接摂ることで、腸内のビフィズス菌を増やすことができる商品として、国に認められているということです。

このように、トクホの商品には「許可表示」「関与成分」がセットで記載されているはずですので、それを参考に選ぶと商品選びがとてもラクになると思います。

ヨーグルトにオリゴ糖を加える

ヨーグルトを食べるときに、ソースをかけたりフルーツを入れたりする人は多いと思います。

イチゴソースやブルーベリーソースもおすすめですが、食物繊維が豊富なバナナなどを加えるとより理想的なものになると思います。

もうひとつオススメなのが、オリゴ糖です。「乳酸菌を増やす方法」で説明したとおり、オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなってその繁殖を促進する効果を期待できるプレバイオティクスです。

乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食品と一緒に摂ることで、より一層、多様性のある腸内フローラを保つ助けになると考えられます。

また、体外から摂取したビフィズス菌は、すでに形成された腸内フローラに適さない可能性もありますが、オリゴ糖はいま棲息している(自分の腸に合っている)菌を増やすので、その点でもオススメです。

オリゴ糖はゴボウや玉ねぎなどに多く含まれていますが、多いと言ってもほかの食品に比べて相対的に多いだけで、絶対量としては非常に少ない量です。

また、ゴボウなどはヨーグルトに入れるのはためらわれると思います。そこで市販されているオリゴ糖シロップや、ネット通販で購入できる「カイテキオリゴ」などの粉状のものを使用すると良いと思います。

普段の食事で植物性乳酸菌を摂り、ヨーグルトで動物性乳酸菌を摂る。いろいろな方法でさまざまな乳酸菌やビフィズス菌を摂取して、多様性のある腸内フローラをつくっていきましょう。

このページのトップへ

トップページ