トップ > 乳酸菌ってなに?

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌

生活習慣が乱れがち、加齢と共に不調を感じやすくなった…という方々に注目されている乳酸菌。ここでは、その乳酸菌とはいったい何なのか、ということを説明します。

乳酸菌っていったい何?

乳酸菌といえばヨーグルトやチーズなどの発酵食品に含まれているイメージがあると思います。それらの食べ物にももちろん含まれていますが、実は食品からとりいれずとも、赤ちゃんの頃からわたしたちの体内に存在しています。

この世に生を受けてすぐに、人間の腸内には細菌が棲みはじめます。そして爆発的に増えて、私たちにいろいろな影響を与えます。

腸内細菌には非常に多くの種類があり、その数は1,000種類以上とされています。また、人間1人の体内に棲んでいる細菌の数は約100兆個にのぼるとも言われています。

腸内細菌は、侵入したものを働かせいないようにしたり、余計なものを溜めこませないようにしたりして、私たちと共存しているのです。

腸内フローラとは

腸内細菌は日々増えたり減ったり、うんちとして排出されたりなどを繰り返しながら数を保っています。

多くの種類と数が存在すると説明しましたが、それぞれの菌はナワバリごとに身を固めて棲息しています。その様子は、顕微鏡で見るとお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

よく腸内環境を整えよう、腸内フローラを良くしようと言われますが、それは腸内細菌が働きやすいように、食べ物や生活習慣などを通じて乳酸菌などのバランスを良いものにしようという意味です。

自分に合った腸内フローラを保つことで、余計なものを溜め込まないようにしたり、侵入したものを働かせないようにしたりすることができるのです。

乳酸菌は加齢とともに減る

私たちと共存しながら働く乳酸菌も、加齢とともに数を減らしていきます。それを防ぐためには、日々の食生活に乳酸菌を多く含むものをとりいれたり、健康的な生活習慣を送ったりすることが大切です。

以前は乳酸菌と言えばヨーグルト、というイメージでしたが、最近はそれらの動物性乳酸菌とはちがい、味噌や漬物などの日本固有の食べ物に含まれる「植物性乳酸菌」が注目されています。

昔から家庭の食卓にあった味噌汁や漬物には、実は多くの乳酸菌が含まれていたのです。

しかし、ひとり暮らしで毎日料理をするのが難しかったり、人付き合いで外食が多かったりということなどで、これらの食事を毎度とることは難しい方が多いと思います。

そんなときには、このサイトで紹介している健康補助食品で乳酸菌を摂ることをオススメします。きちんと食事できるときは食事をして、足りていないと感じるときにはサプリメントを摂る、というのがよいかもしれません。

このページのトップへ

トップページ